ベランダの防水加工を依頼しよう【確認してから契約する】

定期点検が必要です

自宅

原因を把握しよう

住まいの雨漏りにはいくつが原因があります。一つは屋根に生えたカビやコケが原因です。特に北側の日の当たりにくい場所ではコケによって表面が変色していき、時間と共に屋根の下地部分にまで影響を与え、雨漏りに繋がる場合があります。また、紫外線も雨漏りの発生原因になります。夏の暑さと共に照射量の増える紫外線が屋根を照り付けて、屋根の表面に塗布してある皮膜が剥がれていきます。皮膜には防水機能があり、これらが剥がれる事により雨漏りが起こります。皮膜は剥がれてくると粉が噴くようになり、屋根本体が劣化をしてしまいます。紫外線と同時に強い日差しにより外壁が反ってきて、雨が入り込む隙間ができてしまう恐れもあります。また、建物の経年変化に伴うひび割れも雨漏りに繋がります。地震により外壁にヒビが入ったり、劣化により建物内部の木材が腐ったり傷んだりいていきます。状況がひどくなる前に補修をしておかないと、内部の傷みが広がってしまいます。外壁や屋根の補修は10年を過ぎると必要になります。外壁施工業者へ依頼すると傷みの状態を確認した後に、高圧洗浄により表面の汚れを落としてくれます。その後、さまざまな材質の塗料を塗布していきます。塗料は耐久年数に応じて素材が異なります。アクリル系塗料は8年ほど、シリコン系塗料は12年ほど、そしてフッ素系塗料では20年近くの耐久性があるものが開発されています。好みに合わせて材質を選定し、大切な住まいを守りましょう。

Copyright© 2018 ベランダの防水加工を依頼しよう【確認してから契約する】 All Rights Reserved.