ベランダの防水加工を依頼しよう【確認してから契約する】

建物を浸水被害から守る

工具

見積もりの比較をしよう

自宅が建築後に10年以上経過している場合に考えておきたいのが防水工事です。防水工事とは屋上や屋根、ベランダの塗装工事を指し、これを定期的に行わないと住宅に浸水被害をもたらせます。建物の塗装は紫外線や風雨の影響を受けるため、経年劣化が進みます。外壁の経年劣化は建物の躯体部分にも影響を与えるため、10年から15年に一度の防水塗装工事が必要となります。塗装を依頼する場合、一般的には建築時の工務店や建設会社に依頼することが多いはずです。ただし、必ずしも建築時の業者が良いとは限らず、全く別の塗装業者が良いこともあります。建設会社に塗装を依頼しても下請けの塗装業者に依頼するだけで、直接依頼した方がお値打とも考えられます。しかし、どの業者に依頼してよいかわからないので多くの人が建築時にお世話になった業者に聞いてしまうのでしょう。塗装作業は業者によって手間や材料が異なるため、依頼する業者によって作業の質や金額差が大きいです。料金が高ければ良いというものではなく、また、安さを売りにして質の悪いのも問題です。塗料と作業の質が高く、長期で建物を守る高い技術を提供する業者を選ぶことです。防水性を高めるためには塗膜の厚さが重要で塗膜がしっかりと吸着していなければいけません。下地と塗料が密着するために正しく下地処理が行われていなければいけません。水きり部分のコーキング打ち換えやクラック補修がされ、プライマーで下塗りがしっかりと行われていることが最低条件です。工事を依頼するのであれば必ず2社以上に見積もりを取り、金額と作業内容を比較することが重要です。

Copyright© 2018 ベランダの防水加工を依頼しよう【確認してから契約する】 All Rights Reserved.