ベランダの防水加工を依頼しよう【確認してから契約する】

風雨は家屋を痛めます

ベランダ

風雨に強い家を目指す

ベランダの防水加工は経年と風雨、紫外線で劣化していきます。ひどくなると雨水が下地に侵入して徐々に家の内部へと侵食を始めます。そうなる前にベランダの点検を専門の業者に依頼して行うことです。ベランダに用いられる防水方法は、FRP防水とウレタン防水、シート防水やアスファルト防水が一般的です。ベランダの防水と言っても、屋上や外壁工事と同時に行う方が費用が抑えられます。防水工事の工程は同じで、施工場所が多少広くなっても人件費やコストは変わらないのです。ベランダの防水工事は複数の専門業者を選んで見積もりを取ることが大切です。悪徳な業者もいますので、法外な価格で契約してしまうリスクを減らすことができます。特にアフターサービスは大切です。一般に5年間や10年間の保証が付いているのですが、どのような場合に保証が効くのか確認をしておく必要があります。例えばベランダはウレタン素材で耐久年数が10年〜12年と言われています。これはゴム部分の成分が持つ弾力が下地の動きについては行けなくなるのがだいたい10年〜12年なのです。日常生活の中でその寿命を伸ばすためにできることは、プランターから出る土や落ち葉などの掃除をこまめに行い、排水設備が詰まることによる水たまりができるのを防ぐことも大切です。よくベランダ掃除で水を撒きますが、水はけをよくしてやることも忘れないで下さい。ウレタンゴムは紫外線にも弱く、保護機能を果たすトップコートを塗りますがこれも5年を目安に塗り直すことでさらにウレタン自体の寿命を伸ばせるのです。

Copyright© 2018 ベランダの防水加工を依頼しよう【確認してから契約する】 All Rights Reserved.